ナチュールホームの電話番号:058-398-7778
自然素材住宅の資料請求
デザイン住宅のお問い合わせ
ナチュールホームへのアクセスマップ
  1. トップページ
  2. 家づくりレポート
  3. 家づくりレポート(岐阜県笠松町 I様邸)

家づくりレポート

こちらの家づくりレポートでご紹介しておりました笠松町 I様邸は完成いたしました。
完成した笠松町 I様邸のお家のご様子は「今までに建てた家」をご覧ください。
完成したお家はこちらからご覧いただけます
2016年11月3日
外観完成しました!先日、完成見学会を開催させていただきました。

見学者の皆様には、生活しやすい間取りと家事動線の充実ぶりを存分に堪能していただきました。玄関からの2つの導線が特徴で、一方はリビングへ、もう一方はバックヤードの収納スペースを通り抜けて、サニタリーからキッチン、そしてパントリーまで繋がっています。

自然素材をふんだんに使用して仕上げた内外装は、漆喰や天然木が居心地の良い雰囲気を醸し出しています。その他にも子育てのしやすい工夫や遊び心のあるアイデアもたくさん取り入れています。

内観 内観 内観 内観

後日、施工実績にて完成写真を掲載しますのでお楽しみに。
高橋普佐男
2016年10月14日
ウッドデッキ 大工さんがウッドデッキを施工しています。ナチュールホームオリジナルの、意匠性と耐久性の高いウッドデッキです。この後オイル塗装をして仕上げます。

後は内部の器具類の取付とクリーニング等を行い、いよいよ完成です!さあ、今月30日のおひろめ見学会に向けて、準備を進めていきますよ〜!
高橋普佐男
2016年10月3日
現在仕上げ作業を行っております笠松町I様邸ですが、完成見学会が10月30日に決まりました。

こだわりが随所に ・漆喰のコテ塗り壁に記念の手形スタンプ。
・オリジナルの造作家具と建具。
・奥様のこだわりのトルコタイル貼り洗面カウンター。
・ご実家から移設した、ご主人お気に入りの板欄間。
・秘密のスペース?!に通じるオープン階段。
…これ以外にもこだわりの場所が随所に!

この家で一体どんな楽しい暮らしができるのでしょう?想像しただけでワクワクしてしまいます!(*^^*) 「家族4人が心地良く暮らせる自然派住宅」…詳細は後日このホームページにてお知らせしま〜す。
高橋普佐男
2016年9月7日
内部の仕上げ工事 内部の仕上げ工事内部の仕上げ工事に入り、塗装屋、クロス屋、左官屋さんの出番がやってきました。

塗り壁は漆喰、塗料は植物からできたオイル、クロスは天然素材からできたものを選択…質感が良く、健康で暮らせることにこだわった素材をふんだんに使用します。
外壁のスイス漆喰外壁のスイス漆喰の仕上がりも見事です。漆喰ならではの白さが際立ち、遠方からでもよく目立ちます。

現在お施主様は、クロスの柄と照明器具を検討中です。「すごく悩みます〜」と奥様。大変ながらも、家づくりを目いっぱい楽しんでいらっしゃるご様子でした。
高橋普佐男
2016年8月29日
内装仕上げの打ち合わせ 内装仕上げの打ち合わせ仕上げのお打合せを行いました。

木部の塗装色やタイルの柄などは、現場で入念に打合せます。建築前にある程度は決めておくのですか、この段階で実際に現場を見ながらイメージとの照合をしていきます。この作業はとても大事で、これによって間違いなく完成度が高まります。これから先ずっと住む家ですので、できるだけ妥協はしてほしくありません。

スイス漆喰のコテ塗木部の色はウォールナット調のこげ茶色に決まりました。真っ白な漆喰との相性は抜群です。明日から外壁のスイス漆喰のコテ塗りも始まり、どんどん雰囲気が良くなっていきますよ。完成が待ち遠しいですね!(^^)

10月中頃には完成見学会の予定をしています。どうぞお楽しみに!
高橋普佐男
2016年8月17日
天井と壁の造作工事内部の大工工事が順調に進んでいます。現在は無垢フローリングを貼り終え、天井と壁の造作を行っています。この後は造作家具などの細部に入っていきます。
塗り壁の下地工事外部では塗り壁の下地が着々と進んでいますが、ここから左官屋さんの出番です。ひび割れの発生しにくい塗り壁のポイントは「下地」にありますので、丁寧にじっくりと進めていきます。
高橋普佐男
2016年7月26日
構造見学会

構造見学会
構造見学会が無事終了しました。暑い中ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。完成してからでは分からなくなってしまう壁の中や天井裏など、健康で心地よく暮らせる秘密をじっくりとご覧いただくことができたのではないかと思います。

特に反応が大きかったのは結露のできない構造の仕組みや、室内空気環境に関するところでした。小さなお子様のいらっしゃる方が多く、シックハウスやアレルギーなどの健康に関する質問が特に多く感じました。一生懸命説明をさせていただきましたが、ご理解いただけましたら嬉しいです!

構造見学会は久しぶりでしたので、質問にお答えしながら私自身も再認識できることが多く、とても有意義な1日になりました。
高橋普佐男
2016年7月20日
電気配線の打ち合わせ電気配線のお打ち合わせを行いました。コンセントやスイッチの位置、照明器具の配置などを一つずつ確認していきます。

ナチュールホームの家は室内空間を広く取り、雰囲気も良くするために間接照明が主体になります。そのため図面上でわかりにくい部分は、実際に家の中で確認することが大事なのです。

さぁ、いよいよこれから断熱工事へと入っていきます。
高橋普佐男
2016年7月6日
上棟を行いました。暑さに負けず、雨にも降られず、見事に建ち上がりました〜。大工さん、鳶さん、お疲れ様でした!そしてお施主様のI様、暑い中いろいろとお気遣いをいただきまして、ありがとうございました!上棟は家づくりの中で最も工程が進む日であり、お施主様と弊社双方にとって、特別な日でもあります。

上棟 上棟 上棟

そして、7月24日に構造見学会の開催が決まりました!ナチュールホームの家が、居心地が良く、健康に暮らせる理由は、実は完成してからでは見えない所にあるのです。久しぶりの構造見学会なので、どんな風にアピールをしようか、とてもワクワクしています!(^^)
高橋普佐男
2016年6月14日
基礎工事基礎工事が順調に進んでいます。型枠が外れ、ピカピカの基礎が現れました。早速、仕上がり寸法やレベル(水平)の確認を行っています。

この先は屋外の配管工事や整地を行い、今月末の上棟への準備を進めていきます。梅雨真っ只中ですが、上棟当日は良い天気になることを祈っています。
高橋普佐男
2016年6月5日
基礎工事梅雨に入りましたが、現場は変わらず進みます。現在は基礎立ち上がりの型枠を組んでいます。

周りは田植えも終わり、だんだんと夏の景色になってきました。美濃の米、ハツシモの収穫は10月中頃。I様邸の竣工時期と重なります。黄金色の中に、真っ白な塗り壁の家が建つ姿が脳裏に浮かびます(^^)
高橋普佐男
2016年5月24日
いよいよ着工です。先日無事に地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭 地鎮祭 地鎮祭 地鎮祭

I様邸は、素材・間取り・性能にとことんこだわり、家族みんなが気持ちよく、健康に暮らせる家です。これから5ヶ月間、I様ご家族と楽しみながら、ゆっくりとしっかりと家づくりを進めていきます。
高橋普佐男
2016年4月1日
地盤調査新たに笠松町で着工する新築現場の地盤調査を行いました。家の完成の姿は、田園の中の真っ白な家…現地に立つと、より大きくイメージが膨らみます。私が水田に囲まれた場所で育ったからか、このような周りに何もない立地は大好きです。

地盤調査はこれから建築を行う土地の最初の作業です。まっさらなキャンバスに最初の筆入れを行うようで、身が引き締まる思いです。
高橋普佐男
自然素材のショールーム見学
ナチュールホームが大切にしたいこと
素材へのこだわり デザインと設計 快適への性能 オリジナルキッチン アフターフォロー
お客様レター ナチュールホームとは 聴けるナチュールホーム ナチュールホームのインスタグラム ナチュールホームのピンタレスト ナチュールホームのフェイスブック 家BAKA社長 ナチュールホーム 高橋普佐男のブログ ナチュールライフblog かわいい家photo
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ