ナチュールホームの電話番号:058-398-7778
自然素材住宅の資料請求
デザイン住宅のお問い合わせ
ナチュールホームへのアクセスマップ
  1. トップページ
  2. 家づくりレポート
  3. 家づくりレポート(岐阜県岐南町 南谷様邸)

家づくりレポート

こちらの家づくりレポートでご紹介しておりました岐南町 南谷様邸は完成いたしました。
完成した岐南町 南谷様邸のお家のご様子は「今までに建てた家」をご覧ください。
完成したお家はこちらからご覧いただけます
2018年4月2日
見学会 見学会 二日間のオープンハウスを開催しました!桜満開の暖かい春の日。気持ちの良い気候でオープンハウス日和となり、たくさんのお客様にお越しいただきました。

空間を上手に利用した間取り、家事同線の良さ、自然素材の心地良さや室内の空気室。見ていただきたいところをじっくりとご体感いただけたと思います。来場者の滞在時間が長いのもナチュールホームのオープンハウスの特徴ですね。

ボルタリング 見学会 そして子供たちに一番人気はやはりボルダリングでした。実際に使用することはできなかったのですが、こんなのが自分の家の中にあったら楽しいですよね〜。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
高橋普佐男
2018年3月27日
外観 内観 5ヵ月の期間をかけてじっくりと工事を進めた南谷様邸。自然素材たっぷりのナチュラルハウスの完成です。外観はかわいらしいクリーム色の塗り壁。床はユーロオークの無垢フローリングで壁は漆喰のコテ塗りに。木部はクリアーの植物性オイル仕上げで、木の自然な風合いが心地良いですね。

ボルタリング 内観 畳コーナーに設けた雲梯とボルダリングが目を引きます。家族みんなで遊べる、楽しいスペースになりました。

家の中央に吹抜けを設けたことでリビングが奥まで明るく、開放感の高い空間に。アンティークのステンドグラスをはめ込んだ壁もお洒落ですね♪ 中央吹抜けによって2階のホールが回廊になり、こちらも広く感じます。暮らしやすさに遊び心を兼ね備えた、かわいい家になりました。
高橋普佐男
2018年3月24日
内観 ウッドデッキ内部の漆喰塗りとタイル張りの左官工事も完了して、完成が近づいてきました。ここからはキッチンやトイレなどの器具付けをしたり、細かな仕上げ作業を行っていきます。

現場では職人が入れ替わり作業をしています。この日は大工さんがウッドデッキの施工を行いました。現場を監督する身にとって、完成は嬉しい反面、少し寂しい気持ちにもなります。あとひと踏ん張り、頑張ります!
宮島健
2018年3月19日
南谷様と最後の現場打合せ、カーテンの柄決めを行いました。自然素材の内装にぴったりのナチュラルカーテン、とても似合いそうです。

漆喰塗り 漆喰塗りその後はご家族で壁の漆喰塗りDIYタイム!!左官屋さんからコテを借りての初体験でしたが、みなさんに楽しく作業をしてもらいました。

そして最後に家族全員で記念の手形スタンプを。0歳のNちゃんは手形が上手くできず足型に〜!もう可愛すぎて現場は大盛り上がりでしたよ。(^^)
手形スタンプ 手形スタンプ 手形スタンプ

DIYのメリットは…「家族の思い出になる」「家に愛着を持ち、大切にしたくなる」「メンテナンスを自分たちでできるようになる」「他人に自慢できる」などなど。自然素材だからこそ可能なことでもあります。Rちゃんには大人になっても覚えていてもらいたいなぁ。さあ、完成まであと少しです。仕上がりが楽しみです!
高橋普佐男
2018年3月10日
内装の仕上げ工事内装の仕上げ工事が順調に進んでいます。ウッドチップ入りの自然素材壁紙も張り終わり、左官工事に移っていきます。

内装の仕上げ工事まずはキッチン周りの壁のタイル張りからです。基準の墨を出して一枚一枚丁寧に張っていきます。真っ白なレンガ調のタイルがお洒落ですね。張り終えて完全に乾いた後で目地材をこめていきますが、この目地材も汚れの付きにくいキッチン専用の目地材を使用します。

仕上げ工事は毎回現場にいく度に姿が変わっていくので、とても楽しいです。
宮島健
2018年2月27日
美しい外観 美しい外観 足場が撤去され、雲一つない晴天の下、美しい外観が現れました!外壁の仕上げは耐久性が高く撥水効果で汚れの付きにくい、ドイツ製の塗り壁材を採用しました。屋根材(グラスファイバーシングル)や木製ドアとの相性も良いいですし、なりよりひと塗りひと塗り左官職人がコテで仕上げた表面がかっこいいですね!

来週からはいよいよ室内の左官工事も始まります!タイルを張ったり漆喰の塗り壁を行ったりと、作業はいっぱいです。じっくり丁寧に進めていきたいと思います!
宮島健
2018年2月22日
仕上げ工事

仕上げ工事
大工さんの造作工事が完了して、室内の仕上げ工事が始まりました。室内木部を塗装屋さんが植物性のクリアーオイルで塗装をしてから、クロス屋さんが壁紙を張っていきます。

自然素材にこだわるナチュールホームの家は、「漆喰の塗り壁」と「塗装をして仕上げる壁紙」が主になっています。この壁紙はドイツ製で、ウッドチップを中に含み、再生紙で出来た天然素材の壁紙なんです。調湿作用もあり、柔らかい雰囲気を演出してくれます。そして何度も塗替えができるメリットがあります。

通常のビニールクロスと比べてデリケートなため施工が難しいですが、熟練の職人によって、手際よく張られていきます。今週末には外部の足場も外れますので、今からワクワクしています!
宮島健
2018年2月1日
造作工事南谷様邸は、大工さんの造作工事の真っ最中です。
造作工事この家の一番目立つ部分、リビングと階段の境のアール壁が姿を現しました。良いカンジにR部が出来上がっています、リビングに立つと圧巻です。

これからここに、ニッチとステンドグラスが取り付きます。どんどん雰囲気が良くなっていくので、出来上がりがとても楽しみです!
宮島健
2018年1月22日
下地工事

下地工事

下地工事

南谷様邸は外壁の下地ボードを貼り終えました。ナチュールホームでは外壁を塗り壁で仕上げることが多いのですが、塗り壁が割れたり剥がれたいしないためには、下地工事がとても大切になります。専用の塗り壁下地ボードとモルタルで仕上げる2通りの方法があり、今回はボード下地です。

温度差による収縮がほとんどない、丈夫な下地ボードをわざと隙間を開けて貼っていきます。これは建物の伸縮によって仕上げ材が割れる事を防ぎ追随させるためです。

きれいに貼り終わった後は必要な個所に充填剤(コーキング)を打っていきます。打つ前にマスキングテープで余分な所を塗らないように全て貼っていき、良く着くようにプライマーという付着を促進する液体を塗ります。そしてコーキングを充填してヘラで綺麗になぜていきます。

仕上げの塗り材が割れないように、手間をかけて作っていきます。ここから下塗り、上塗りとまだまだ長い道のりがあるのですが、それはまた後日に。

こうして少しずつ外壁が出来上がっていきます。今後の予定は外部木部の塗装をおこない、そしていよいよ左官屋さんの塗り壁作業です。南谷様、じっくりと創り上げていきますので、楽しみにしていてください!
宮島健
2018年1月11日
年末の上棟から始まり、安心できるところまで作業を終えてお正月を迎える事が出来ました。

断熱 断熱現在は内部の断熱・気密工事を行っています。今回は桁上断熱です。気密防湿フィルムの上にグラスウールの吹込みを行いました。完了後にしっかり施工が出来ているかを確認をします!

外壁の断熱・気密も隙間なく施工でき、問題なく次の作業にかかれます!明日からは、いよいよフローリング張りを行います。今回はユーロオーク(ヨーロッパ産のナラ)を使用。仕上がりがとても楽しみですね。
宮島健
2017年12月22日
雲一つない快晴の下、上棟を行いました。34坪の総二階建てですが、建ち上がるとやっぱり大きいですね。大工さん、鳶さん、レッカーさんに現場監督の宮島のナイスチームワークで、冬至前日という一年のうちで最も日が短いこの時期にも関わらず予定していた全ての作業を終えることができました。

上棟 上棟 上棟 上棟

朝早くから現場にお越しいただき、一日お世話になったMさまには感謝を申し上げます。「一日でここまでできるなんてすごいですね〜♪」というお言葉に、みんなの疲れもどこかに飛んで行ったと思います。

明日から引き続き造作工事が進みます。年内に屋根工事を完了し、外部も防水シート張りまで終え、安心してお正月を迎える予定です。
高橋普佐男
2017年12月12日
基礎工事基礎工事が完了しました。きれいにコンクリートが打ちあがりました。天候にも恵まれ、ここまで順調に進んでいます。これから内部と外回りの給排水配管を先行で施工していきます。

いよいよ来週は上棟になります。これからの時期は雪が心配ですが、当日は晴れる事を願いつつ今から非常にワクワクしています!
宮島健
2017年11月17日
基礎工事地盤補強工事(柱状改良)が完了して、本日より基礎着工になります。家づくりを行う上で重要な丁張から始めていきますが、これにより建物の位置を正確に出していきます!
基礎工事そして、堀方作業に入っていきます。この上に防湿フィルムを敷き、鉄筋組のための捨てコンクリートを打設して基礎を作っていきます。職人さんが重機を自在にあやつり、丁寧に作業を進めていきます。

Mさま、完成まで一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします!
宮島健
2017年11月11日
地鎮祭を執り行いました。少し冷たい北風が舞う中、皆で工事の安全を祈願しました。お手伝いをする娘さんのRちゃん…とってもかわいかったですね!

地鎮祭 地鎮祭 地鎮祭

自然素材をふんだんに使用した、住み心地の良い家。これから5ヵ月の期間をかけて、じっくりとつくっていきます。来週から地盤補強工事、基礎工事の順番で進めていきます。
高橋普佐男
自然素材のショールーム見学
ナチュールホームが大切にしたいこと
素材へのこだわり デザインと設計 快適への性能 オリジナルキッチン アフターフォロー
お客様レター ナチュールホームとは ナチュールホームのインスタグラム ナチュールホームのピンタレスト ナチュールホームのフェイスブック 家BAKA社長 ナチュールホーム 高橋普佐男のブログ ナチュールライフblog かわいい家photo
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ