ナチュールホームの電話番号:058-398-7778
自然素材住宅の資料請求
デザイン住宅のお問い合わせ
ナチュールホームへのアクセスマップ

住み心地インタビュー

養老町 安田さまの住み心地インタビュー
住み始めてから実感した、この家の良さはありますか?
実は住まいづくりを始める前に、別のビルダーさんが建てた30坪の家を見に行く機会があったのですが、その時の印象があまりにも狭かったので、実際に建ってみるまで「自分たちには30坪だと狭すぎたかな…」と不安に思っていたんです。でも、この家はまったく違いました。家事動線がスムーズで無駄がなく、30坪以上に広く感じます。やっぱり設計次第で、こんなに違うんだなと実感しました。
ナチュールホームでよかったと思う所はどこですか?
住宅の面積を30坪にした分、費用を抑えられたので、オーダーメイドの天然木キッチンやオリジナル建具、ナラ材のオープン階段など、憧れていたことを形にすることができました。自分たちの暮らしに合った間取りと、こだわりの素材で仕上げた我が家。これは、ナチュールホームだからこそできたことだなと、改めて思っています。
一番気に入っているのは、どの部分ですか?
LDKに入ると、すぐに出迎えてくれるナラ材の天然木キッチンですね。こだわってオーダーメイドで作ってもらって、本当によかったです。天板も天然木だから、まるで家具のよう。お気に入りなので、手入れも苦にならないし、とても大切に使っているんですが、意外と毎日布巾で拭いているだけで、何も手入れをしなくてもきれいに保てているんですよ。私は、料理を作るのも食べるのも大好きで、子どもたちが好きなストウブで作る煮込み料理をよく作ります。料理は私が、後片付けは主人がしてくれることが多いので、キッチンはいつも家族の真ん中です。
家を建ててから暮らし方はどう変わりましたか?
一番変わったのは、子どもたちがとにかく元気に、家中を走り回っていること。外へ遊びに行くのも好きだけど、家の中でも本当に楽しそうです。柱やオープン階段も、子どもたちにとっては絶好のアスレチック。よじ登ったり、跳んだりと、室内でも十分に運動できています(笑)。これは、昔住んでいた狭い家では考えられないことですね。まだ子どもが小さいうちは、子ども部屋は遊び場にしています。

2階のホールに取り付けてもらったブランコは、取り合いになるほど人気で、ハンモックも夢中で遊んでいます。吹き抜けから気配や声を感じられるので、キッチンにいる私も安心して遊ばせています。
これからどんなふうに我が家に手を加えていきたいですか?
まずは、雑貨や観葉植物などを自分らしく飾って楽しみたいですね。それから先日、子どもの踏み台をDIYで作ってみたら、とても楽しかったので、ゆくゆくは庭のフェンスを家族で作ろうと思っています。

子ども部屋の壁は、水性塗料で塗り替えができるエコ建材の紙クロス(オガファーザー)にしてもらったので、いつか各部屋の壁1面をそれぞれが好きな色に塗ろうと思っているんです。一番下の子が小学生くらいになったら、みんなでやりたいなと密かに思っています。その時は、ナチュールホームさんに相談しますので、アドバイスよろしくお願いします!
養老町 安田さまの住み心地インタビュー 養老町 安田さまの住み心地インタビュー 養老町 安田さまの住み心地インタビュー
自然素材のショールーム見学
ナチュールホームが大切にしたいこと
素材へのこだわり デザインと設計 快適への性能 オリジナルキッチン アフターフォロー
お客様レター ナチュールホームとは ナチュールホームのインスタグラム ナチュールホームのピンタレスト ナチュールホームのフェイスブック 家BAKA社長 ナチュールホーム 高橋普佐男のブログ ナチュールライフblog かわいい家photo
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ