ナチュールホームの電話番号:058-398-7778
自然素材住宅の資料請求
デザイン住宅のお問い合わせ
ナチュールホームへのアクセスマップ

スタッフ紹介

高橋普佐男
家づくりが好き過ぎて、ついつい熱く語ってしまいますが、土地の相談から家が完成した後のサポートまで、お客様との打ち合わせ全般をていねいに行っています。
高橋普佐男
住宅建築をはじめたきっかけは?
建築は全般的に好きですが、自分がつくりたいと思うのは「住宅」でした。家は人が生活する場所。しかも、ただ住むための器ではなく、家は暮らしの環境そのものです。

環境は、人の暮らしからものの考え方まで影響を及ぼします。実は私自身、子どもの頃から、家族の会話が少ない家で育ちました。若い頃はそれが家のせいだとは思っていませんでしたが、住宅建築に携わるようになってから、知れば知るほど家自体にも原因があったのでは?と、感じるようになりました。

だからこそ今は、家づくりを通じて家族の幸せをつくりたい。それだけ家にはパワーがあると信じています。
仕事に感じる楽しみは?
やっぱりお客様の話を聞くのが好きです。基本的に、人から頼りにされると嬉しくなってしまう性格なので、土地の相談から家づくりまで何でも聞いてもらえれば、ついつい熱くになってしまいます。

また、家づくりが始まっても、お客様にも現場に何度も足を運んでいただき、コミュニケーションをとりながら家づくりを進めるのが「ふさっち流」。さらに建てた後も、OB様のお宅へ伺って、実際に暮らしてみた感想を聞くのを楽しみにしています。お客様の希望から自分が提案した部分が、暮らしの中で楽しんでもらえたり、感謝されたりするのは、一番の喜びですね。
家づくりにおける一番のこだわりは?
使う素材には、並々ならぬこだわりを持っています!でも、もともと自然な素材が好きだったというわけではなく、「この雰囲気が好きだなぁ」「この空間はオシャレだなぁ」と思ってみていたら、そこに使われていたのが自然由来の素材だった、というのが本当のところ。そこから素材を見るのが好きになり、今では自称・素材マニアです。

住む人にとって自然な素材は、経年による味わいを楽しめるので、飽きがこないのが魅力ですが、そうした素材を使えばそれでいい家ができる、というわけではないのが、つくり手にとっても面白い。自分が得た知識の引き出しから、その人・その家に合った素材やその使い方を考えることが、自分にとって最も得意で、面白さを感じているところです。ブログやSNSでも、時々素材についての話を書いていますので、興味のある方は覗いてみてください。

休日の過ごし方は?
独身時代から、自然の中で楽しむことが大好き。今は休みの日には自宅で家族とバーベキューをしています。子どもたちもとても楽しいようで、自分たちでテーブルを出したり、準備を手伝ったり。実は、バーベキューのことをもっと知りたくて、「バーベキュー検定」も受講し、バーベキューインストラクターの資格も取得しました。今後は、お客様も一緒にできる機会ができればと思っています。

最近は、仕事で使えるようにと教えてもらったカメラが楽しくなり、写真に凝っています。自分の世界観を表現したり、質感のいい写真が撮れると嬉しくなります。
高橋紀子
2児の母として、子育てを楽しむ暮らしづくりを実践中です。主婦の目線で、実際に暮らしが始まった時の悩みや楽しみ方を、お客様と一緒に考えていきたいと思います。
高橋紀子
ナチュールホームに感じる魅力は?
例えば、自分らしくいたいから、自分らしい服や車、食べ物を選ぶように、家もそんな自分らしさを描く延長線上にあればいいなぁと思います。それは、自分らしさが詰まった家で、自分らしい生活をするのが、一番自然なことだと感じるから。長い時間を過ごす家だからこそ、自分たちにとって暮らしやすく、心地いい空間であることがとても重要です。

それには、新築の時だけ綺麗な家ではなく、10年後、20年後の方が味わいを増している家であることが、ポイントになると思います。それがナチュールホームの魅力。今はその暮らし方に共感してくださる方が、家を建て、実際に暮らしを楽しんでいただけている。それがとても嬉しいです。
仕事に感じる喜びは?
ナチュールホームで家を建ててくださったOBさんの中には、イベントに来てくださったり、家を建てた後も仲よくさせてもらっている方も多く、お話を聞くと、「こんなふうに生活しています」「DIYでこんなものを作ったよ」と、楽しい暮らしの話をしてくださるのが、とても嬉しいです。

私よりもガーデンニングに詳しい方も何人かいらっしゃって、コツを教えてもらうことも。お客様から学ばせていただくことも多く、毎日とても楽しく感じています。これからも、お客様が暮らしの楽しみを膨らませていただけるよう、イベントやOB様と交流する場を設けていきたいです。
いつも心掛けていることは?
14年前、私自身も娘が1歳の時に家を建てました。それが今のナチュールホームのスタイルとなった第1号の家。現在もそこで、中2になった娘と小5の息子とともに暮らしています。だから私のお伝えすることは、すべて実際に暮らしているからこそ分かる生の声。「自然な素材で家を建てたいけれど、小さい子がいると困ることはない?」「お手入れ方法は大変?」「子どもが自分からお片付けしてくれる収納って、どうしたらできる?」など、実際の暮らしで感じる素朴な疑問に対して、自分自身の暮らしを踏まえてお話ができます。

私も子どもを持つ主婦でもあるので、奥様が抱える悩みは痛いほどよく分かります。そうしたお客様には、自分の暮らしやOB施主様の暮らしを通じて、ナチュールホームの家で暮らして感じた「本音」をお伝えするようにしています。
休日の過ごし方は?
趣味のパン作りをはじめ、ガーデニングをしたり、庭で育てたフルーツやハーブを使って料理をしたりと、休日は家で過ごすことが多く、庭のある暮らしを子どもと一緒に楽しんでいます。

実は私自身、面倒なことはあまり好きではないんです。でも、暮らしを楽しむためにちょっとひと手間をかけることは大好き。ほんの少し手間をかけると、毎日はぐっと楽しくなります。無理をせず自分ができる範囲で、子どもが健やかに育ってくれるような食生活や暮らしをすることを大切にしています。

こうした暮らしの楽しみ方を、ブログやSNSで紹介しています。これはあくまで私流の楽しみ方ですが、ここから少しでも暮らしづくりのヒントを見つけていただけたら嬉しいです。

柴垣敬子
毎日、家事と仕事の両立を楽しむ主婦建築士として、暮らしやすさはもちろん、家族が描く毎日の楽しみをプラスして、設計面から暮らしづくりをサポートしたいです。
柴垣敬子
仕事における楽しみは?
幼い頃から絵を描くのが大好きだったので、設計とパース(絵)という大好きなことをどちらもできるこの仕事は、楽しくて仕方ないです。その中でも一番の楽しみは、お客様と一緒にご家族が思い描いている暮らしを考えることですね。パースはお客様の夢を膨らませるもの。自分が考えた間取りを見た時に、お客様の顔がパッと明るくなって喜んでもらえた時は、本当にこの仕事をしていてよかったと思う瞬間です。

そのために、間取りを考える時には、この家に住む家族がこれからどんな暮らしをしていくのかを納得するまで考え、絶対に妥協はしません!考え抜いた間取りで、たくさんの人を幸せにできたらと思っています。
いつもこだわっていることは?
どんな空間も、意味のあるものにしたいと考えています。家の中に不要な空間はありません。見逃してしまいそうなちょっとした場所にも、ご家族にとっての楽しみを感じていただけるようにと願いを込めて、設計しています。暮らしやすさは当たり前。そこに楽しみをプラスできる間取りが、私のこだわりです。
ナチュールホームの魅力は?
間取りにも素材にもすべておいて遊び心があって、他にはない独特の世界感・空気感を持っているところ。それを感じて訪れてくださるお客様は、私たちの家づくりを本当に理解してくださっている方が多く、とても嬉しいです。

またナチュールホームは、お客様とのヒヤリングを大切にしているので、しっかりと希望を把握した上で間取りを考えることができ、自分が打合せに出ていない時でも、間取りを通じてお客様とコミュニケーションをしているのを感じられるのも、魅力だと思います。
休日の過ごし方は?
家では、高2と中2の子を持つ母。休日は、カフェやおいしいお店でママ友とランチをするのが、楽しみになっています。

やっぱりものづくりが好きなので、時々DIYでフェンスをつくったり、テーブルを張り替えたり。半年前からは陶芸も始めました。最近は、麻ひもを使った小物作りがお気に入り。もちろん絵を描くことも大好きで、油絵や水彩画を描いたりしています。
岩佐卓哉
1棟1棟がご家族にとって思いのこもった特別な家だと思っています。そんなご家族のことを思い浮かべながら現場の管理を丁寧に精一杯行っていきます。
岩佐卓哉
住宅建築をはじめたきっかけは?
中学生のとき、進路を考えないといけないと思った時に「建築かっこいい」と思って地元の建築科のある高校に入りました。今思うとそのころから住宅に興味があって、自然と住宅の道に進みました。
ナチュールホームの魅力とは?
お客様との距離が近いことだと思います。ナチュールホームに入社前に働いていた会社では建築中に一度もお会いすることがないこともあり、お客様との距離が遠く家を建築していてもお客様のイメージがわかないことが残念に感じていました。僕自身はお客様の望みをできる限り叶えてあげたいという気持ちが強いので、お客様の顔を見ながら仕事ができるナチュールホームのお客様との距離感、アットホームなところに魅力を感じています。

ナチュールホームで建築されたお客様の家にお邪魔することがありますが、皆様本当にいい方ばかりでそれにも驚いています。それぞれのご家族が家に対して思いを持って満足して暮らしていらっしゃることが伝わってきます。
仕事のやりがいや楽しさは?
やっぱりお客様が満足してくださった顔を見ると嬉しくなります。また、建具のおさまりとか描いていたようにバチッと決まった時は「よし!」となります!笑。自由度が高いナチュールホームの家は、毎回現場で職人さんたちと上手くおさめるために考えることが多いのですが、僕は難しい問題を考えて解決することが大好きなんです。リフォームの経験も長いので、実はこういうところは得意な分野。お客様の喜んでくださってる顔を思い浮かべながら一つ一つクリアしていくことにやりがいを感じています。
普段から心がけていること
当たり前のことですが、現場にお客様がいつ来てくださっても気持ち良く感じてもらえるように整理整頓をすることは意識しています。また、職人さんたちが実際に家をつくってくれるので、職人さんたちが気持ちよく働けるようにするのも僕の大切な仕事だと思って職人さんたちが働きやすいような環境づくりやコミュニケーションを大切にしています。
休日の過ごし方は?
妻と一緒によく色々なところに出掛けます。お城や建築物を見て回ったり、美術館に行ったり。家具屋さんやIKEA行ったり。やっぱり建築が好きなので休みの日も建築関係になりますね。
自然素材のショールーム見学
ナチュールホームが大切にしたいこと
素材へのこだわり デザインと設計 快適への性能 オリジナルキッチン アフターフォロー
お客様レター ナチュールホームとは 聴けるナチュールホーム ナチュールホームのインスタグラム ナチュールホームのピンタレスト ナチュールホームのフェイスブック 家BAKA社長 ナチュールホーム 高橋普佐男のブログ リコのブログ かわいい家photo
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ