ナチュールホームの電話番号:058-398-7778
自然素材住宅の資料請求
デザイン住宅のお問い合わせ
ナチュールホームへのアクセスマップ
  1. トップページ
  2. 家づくりレポート
  3. 家づくりレポート(愛知県一宮市 石川様邸)

家づくりレポート

こちらの家づくりレポートでご紹介しておりました一宮市 石川様邸は完成いたしました。
完成した一宮市 石川様邸のお家のご様子は「今までに建てた家」をご覧ください。
完成したお家はこちらからご覧いただけます
2019年10月10日
白い外観完成もあとわずか、夕刻に現場へお邪魔しました。真っ先に目に飛び込んできたのは、6寸の勾配屋根と緑に映える漆喰壁でした。
ステンドグラスRのたれ壁からのぞくステンドグラス…さて、ここはどこの場所でしょう?(^^)

正解は、スタディーコーナー上のステンドグラスでした。反対側のパントリーにもほのかな明かりが差し込み、ほっと穏やかな気持ちになります。
キッチンダイニングから見えるキッチン…これから漆喰が塗られて、吊戸棚のガラスが入るとどんな雰囲気になるのか、想像しただけでワクワクします♪
柴垣敬子
2019年9月27日
内部仕上げ工事 内部造作内部仕上げ工事が始まりました。まずは木部の塗装からです。塗装屋さんがウォルナット色の植物性オイルを刷毛で丁寧に塗装していきます。
内部仕上げ工事トイレの腰壁は白のベタ塗りにしました。可愛らしくて感じがいいですね♪
内部仕上げ工事キッチンとカップボードのカウンターは白いモザイクタイルです。

これから壁の漆喰塗りに移っていきます。ここからさらに雰囲気が良くなっていきますよ〜。(^^)
高橋普佐男
2019年9月14日
内部造作 内部造作内部の造作もあとわずかになってきました。ここからは大工さんの細かな作業が多くなります。洗面カウンターやカップボードなどの造作家具を図面と照らし合わせながら作っていきます。
外部工事外部は足場が外れました!真っ白なスイス漆喰の外壁が眩しいですね。南側の畑が草原状態なので、あえて緑の中に映えるアングルで撮ってみました。

さぁ、いよいよ内部も仕上げの工程に入っていきます。
高橋普佐男
2019年8月25日
造作工事フローリングを貼り終えて、壁と天井の造作工事を行っています。新築工事の中で一番長い工程は大工さんの造作作業です。約2ヵ月かけてじっくりコツコツと進んでいきます。
外部工事 外部工事外部はスイス漆喰の塗り壁仕上げです。下地造りが終わり、仕上げは左官屋さんの作業になります。シーラーという付着剤を塗り、しっかりと乾いてから一気に漆喰をコテで塗って仕上げます。

そして見事に真っ白な塗り壁が出来上がりました。
高橋普佐男
2019年7月28日
断熱工事 上棟後のサッシ取付や外部の雨仕舞の後、断熱工事間まで進みました。快適な家づくりの要とも言える断熱工事は、壁は柱間に高性能グラスウールを隙間なく充填し、外壁の室内側に0.2mm厚の防湿気密フィルムを連続して貼っていきます。

この気密フィルムがポイントで、室内から屋外に出ていく水蒸気が壁内に入らないようにして内部結露を防ぎます。長期に渡って住む人の健康と建物の耐久性を持続させる、良い家づくりには欠かせない大切な工事です。

フローリング張り フローリング張り ここからは大工さんがフローリング張りを行います。石川様が選んだのはボルドーパインの無垢フローリングです。幅が17cm、厚みが21mmある、とても重厚感のあるカッコいいフローリングです。どんどん仕上がっていくのが、楽しみですね!
宮島健
2019年7月13日
上棟 上棟 上棟上棟を行いました!雨で一度延期となりながらも、この一日で無事に屋根下地まで納めることができました。

職人のみなさん、暑い中おつかれさまでした。そしてお施主様の石川様には一日お世話になり、ありがとうございました。

模型奥様作の模型の家がそのまま形として現れてテンションが上がりましたね〜♪

石川様邸は真っ白な塗り壁のとてもかわいいおうちになります。辺り一面の畑のなかに建つ姿を想像するだけでニヤけてきます。(^^) 10月の完成まで、どうそよろしくお願いいたします。
高橋普佐男
2019年6月12日
着工しました!まずは基礎工事からです。家の位置と高さを正確に出す「水盛遣方」から始め、重機で地盤を掘って締固めてから基礎の鉄筋配筋工事、ベースコンクリート打ち、型枠組み、立上り部分のコンクリート打ち、天端を水平に仕上げるレベラーを施工し、最後に型枠を外して完成です。一気に流れを紹介しましたが、約3週間かけて一つ一つの作業を丁寧に行っていきます。

基礎工事 基礎工事 基礎工事

基礎工事基礎工事は屋外の仕事のため、天候の影響を受けやすいです。そのため工程には余裕を持っておく必要があります。梅雨入り前のベストなタイミングで丈夫な基礎が完成しました。

この後養生期間をおいて土台伏せを行い、いよいよ上棟の日を迎えます。
高橋普佐男
自然素材のショールーム見学
ナチュールホームが大切にしたいこと
素材へのこだわり デザインと設計 快適への性能 オリジナルキッチン アフターフォロー
お客様レター ナチュールホームとは 聴けるナチュールホーム ナチュールホームのインスタグラム ナチュールホームのピンタレスト ナチュールホームのフェイスブック 家BAKA社長 ナチュールホーム 高橋普佐男のブログ リコのブログ かわいい家photo
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ
自然素材デザイン住宅の資料請求
自然素材ショールーム見学
デザイン住宅のお問い合わせ